名所・旧跡 - 観光・レジャー情報

慧日寺跡

平安初期に高僧徳一によって開かれて以来、会津仏教発祥の地として1200年にわたる栄枯盛衰の時空を越えてきました。(国指定史跡)小峰城南麓にあり、会津地方最古の寺...

更新:2009年5月18日 12:00

猪苗代湖畔の森自然散策路

湖畔の森自然散策路には5つの散策コースがあります。・明治の小径(0.5km)・やすらぎの小径(2.2km)・天鏡の小径(1.3km)・おもいでの小径(0.8km...

更新:2009年4月 8日 13:42

十六橋

猪苗代湖に流れ込む川はたくさんありますが、流れ出る川は安積疎水ができるまで、この十六橋を通って会津盆地へと流れる日橋川だけでした。文化6年(1809年)に完成し...

更新:2009年4月 7日 12:00

小平潟天満宮

日本三大天満宮のひとつに数えられる小平潟天満宮は学問の神様菅原道真を祀っています。(本殿/町指定重要文化財)松尾芭蕉もこの地を訪れたとき『この松も 花よりおぼろ...

更新:2009年3月26日 12:00

弁慶の硯石

義経が平泉に行く途中、ここの自然の美しさを賞するために弁慶がここで墨をすったとも、また一説では義経たちがここまで来た時にはすでに金も食料もなく、この地の大金持ち...

更新:2009年3月11日 11:08

大鹿桜

会津の五桜のうちに入れられているこの大鹿桜は、磐椅神社の本社手前の左側にあり、花色が鹿の毛彩に似ていることからこの名が付けられたといわれています。(町指定天然記...

更新:2009年3月 6日 12:00

亀ヶ城公園

磐梯山南麓の泥流地形突端部に築かれた平山城で、中世この地を支配した猪苗代経連(いなわしろつねつら)が建久2年(1191年)、本格的な築城法によって築いた日本最古...

更新:2009年3月 6日 12:00

磐椅神社

もっとも古い記録によると、今から1200年ほど前に「陸国磐椅神に従四位下を贈る」とあるので、この地方にあって最も古い時代に建立された神社とされています。その後幾...

更新:2009年3月 6日 12:00

土津神社

会津松平家の藩祖、保科正之を祀った神社で、当時は徳川家康を祀った日光東照宮に対して、裏日光廟といわれた由緒ある神社。東北の諸大名は参勤交代の折りに日光東照宮とと...

更新:2009年3月 6日 12:00

戸ノ口原古戦場

猪苗代湖の北西。戊辰戦争の際に白虎隊と新政府軍が戦った場所。戊辰戦争時に掘った塹壕や土塁が今でも残る。 会津戦争(Wikipedia)...

更新:2009年2月18日 11:50

恵日寺

慧日寺を再建、名を継ぎ伝来の宝物を多く有する。最盛期には18万石、寺兵300、僧兵数千、子院は3800坊にも及んだ。■3月21日 舟曳きまつり磐梯町観光協会[住...

更新:2008年12月19日 12:00

猪苗代湖

磐梯山の四季折々の雄姿を映すことから「天鏡湖」の美称をもつ面積日本第3位の淡水湖。入り組んだ岬、白砂青松の浜と変化に富んだ趣を見せ、夏は湖水浴・ヨットなどマリン...

更新:2008年12月19日 12:00

観音寺山門

明治20年の火災で文書が焼失したため、山門建立の詳細は不明になっていますが、入母屋形式の山門で、正面に唐破風をつけた様式を残しており、江戸初期の建立と思われます...

更新:2008年12月18日 12:00

楊枝一里塚

旧二本松街道に一里ごとに基標として道ばたに築いた塚。(町指定史跡)現在道の両側に一対で完全な形態をのこすのは、ここと御上覧場だけになっていて、貴重な史跡的価値の...

更新:2008年12月18日 12:00

都沢の公孫樹

町内随一の大きさを誇る大銀杏で、樹高25m、推定樹齢700年とされています。(町指定天然記念物)福島県緑の文化財に指定されています。[住所]福島県耶麻郡猪苗代町...

更新:2008年12月18日 12:00

平盛胤の墓

亀ケ城最後の城主、14代猪苗代盛胤の墓。(町指定史跡)摺上原の合戦で深手を負い、77才で生涯を閉じましたが、ここ内野部落ではその墓の荒廃を防ぐため毎年一夫の役を...

更新:2008年12月18日 12:00

関脇優婆夷堂

地元では「おんばさま」といわれ、安産と産後の安穏を祈って参詣する人が多い。現在の建物は大正13年に新築されたものです。[住所]福島県耶麻郡猪苗代町関都関脇[アク...

更新:2008年12月18日 12:00

白津のからかさ松

典型的な傘型をした松で、樹齢450年、樹高23mあります。(町指定天然記念物)根本に三宝荒神を祀った石の祠があります。福島県緑の文化財に登録されています。[住所...

更新:2008年12月18日 12:00

滝夜叉姫

滝夜叉姫(平将門の三女で、のちに如蔵尼)は、将門の乱で父を亡くし、恵日寺に身を寄せました。病床で生死をさまよい、地蔵菩薩の教えをうけたことから出家し、一心に地蔵...

更新:2008年12月18日 12:00

乗丹坊の墓

恵日寺の境内には、鎌倉時代、僧兵大将だった乗丹坊の墓があります。乗丹坊は恵日寺6000人の僧兵を率いていた衆徒頭で、会津の強力な僧兵集団として勢力を誇っていまし...

更新:2008年12月18日 12:00

徳一大師廟

恵日寺を開いた会津仏教文化発展の功労者、徳一大師の墓です。この地で生涯を終えた徳一の廟は2.5mの五重塔。屋根の四隅に風鐸のあと。藤原様式を残しており、当時の都...

更新:2008年12月18日 12:00

大塩虚空蔵菩薩堂

山腹に立ち、境内は立岩に老松繁る心安らぐ場所。本尊は秘仏の木像金箔坐像。■1月24日 大塩のお不動尊まつり北塩原村観光振興課[TEL]0241-23-3111[...

更新:2008年12月18日 12:00

算額

学問の神様菅原道真を祀った小平潟天満宮には、明治初期に和算家が自己の作った数学の問題や解答を書いて、奉納した算額があります。(町指定重要文化財・一般非公開)その...

更新:2008年12月18日 12:00

酸川野蝉丸の墓

小倉百人一首のなかでも有名な『これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関』は、蝉丸の歌です。蝉丸は醍醐天皇第四皇子といわれ、京都に近い逢坂山に...

更新:2008年12月18日 12:00

会津藩主松平家墓所

会津藩初代藩主保科正之は、その亡くなる1年前会津入りした際、磐梯山麓に家老たちとともに訪れて、猪苗代湖が一望できる磐椅神社の近くに、死後その末社として葬るよう命...

更新:2008年12月18日 12:00

稲川酒造の酒蔵

猪苗代の米と水で作る猪苗代で唯一の造り酒屋がここ稲川酒造店。古い蔵の脇を通ると明治の雰囲気が彷彿としてきます。[住所]福島県耶麻郡猪苗代町新町[アクセス]JR磐...

更新:2008年12月18日 12:00

天司のけやき

幹周が15mもありケヤキ種として日本一の巨木であることを、環境庁が証明しています。あらゆる樹種を含め県内一の巨木でもあります。天司の名はキリスト教弾圧の時代(1...

更新:2008年12月18日 12:00

旧沼尻鉱山

現在、沼尻精錬所跡として残っている硫黄鉱山は、明治に入って民間資本が投入されてから活気づき、一時は2000人の鉱夫が働き、最盛期には年間17000トンもの採掘量...

更新:2008年12月18日 12:00

見祢の大石

磐梯山が大噴火した明治21年、火口の中にあった輝石安山岩の巨塊が、爆発火口から噴き出した火山性泥流にのって、猪苗代町の見禰地区まで運ばれたものです。(昭和16年...

更新:2008年12月18日 12:00

安穏寺

1601年に草創された曹洞宗の古寺で、山号を快楽山といいます。本尊である阿弥陀如来像(銅造)は、文永八年(1271年)の紀年銘がある貴重な仏像で、国の重要美術品...

更新:2008年12月18日 12:00

三忠碑

県立猪苗代養護学校へ行く道をさらに登り、土田堰(はにたぜき)の畔の松林にひっそりと立つ石碑。(町指定史跡)天象17年(1589年)猪苗代盛國が伊達政宗を導き入れ...

更新:2008年12月18日 12:00

田中正玄の墓

会津藩の家老を34年間、城代を5年間努め、藩の基礎を固めた人です。場所:土津神社と磐椅神社の間[参考資料]いなわしろ伝保人...

更新:2008年12月18日 12:00

天鏡閣

明治40年、有栖川宮殿下が明治天皇の代巡として会津に来られた際、この地の景色の雄大さを賞美し、翌41年に建設された洋館。(国指定重要文化財)ルネッサンス様式を基...

更新:2008年12月18日 12:00

上袮次の辛夷

樹齢約300年、昔から辛夷は花の多少によって稲の豊凶を占う樹木として尊重されてきました。(町指定天然記念物)この古木も根本に観音像や仏像がたくさん祀られています...

更新:2008年12月18日 12:00

服部安休の墓

織田信長の小姓、森蘭丸の孫。保科正之に使え、その命を受けて神道の研究を行い、土津神社初代神官となった人。場所:土津神社と磐椅神社の間[参考資料]いなわしろ伝保人...

更新:2008年12月18日 12:00

浄土平

磐梯吾妻スカイライン観光有料道路の中間点、標高1580mの浄土平に立つと樹木に乏しい荒涼とした風景で火山の世界に囲まれた気がします。正面には噴煙を上げる一切経山...

更新:2008年12月17日 12:01

穴沢一族の墓

桧原集落の道ばたに建つ五輪塔がそれ。その昔山賊退治のために黒川城(鶴ヶ城)からきたのが穴沢一族。裏磐梯観光協会[住所]福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字高平山113...

更新:2008年12月15日 12:00

桧原鉱山跡

修験中堂坊に発見され、約60年間採掘された。現在は廃鉱。裏磐梯観光協会[TEL]0241-32-2349[FAX]0241-32-3152[アクセス]JR磐越西...

更新:2008年12月15日 12:00

厳山城跡

会津藩蘆名修法大夫盛氏の家臣穴沢加賀親子により、米沢藩の侵入を防ぐために築かれた。裏磐梯観光協会[TEL]0241-32-2349[FAX]0241-32-31...

更新:2008年12月15日 12:00

百目貫の公孫樹

以前のここには東光寺という大きなお寺があって、その境内にあった銀杏だったのですが現在は地蔵堂しか残っていません。(町指定天然記念物)樹齢は推定1000年といわれ...

更新:2008年12月10日 12:00

北山薬師如来堂

会津五薬師のひとつで、二つ児参りで有名。9月8・9日山車が集落を練り歩く。北塩原村観光振興課[住所][TEL]0241-23-3112[FAX]0241-25-...

更新:2008年12月10日 12:00

大原観音の松

この木は元禄年間に、会津藩と二本松藩の間で硫黄採掘と温泉権利をめぐっての境界線争いが、幕府の裁定で勝訴したお礼に植えられたといわれる、樹高29mの巨木です。(町...

更新:2008年12月10日 12:00

五輪塔

第14代猪苗代城主、下総守盛胤(しもうさのかみもりたね)の遺徳を慕って、百目貫(どうめき)村の臼井平右衛門が猪苗代の諸人の協力を得て万治元年(1658年)建立し...

更新:2008年12月10日 12:00

十八間蔵

明治18年、見袮山から棟上げ用の松材を切り出して建てた酒蔵ですが、この巨木を山から運ぶ時、長すぎて角を曲がりきれず、やむなく2間切り落としたというところから十八...

更新:2008年12月10日 12:00

佐藤医院の板塀

昔懐かしい横町の雰囲気がそのまま残っている貴重な小径。昭和初期作られ当時のままのこの板塀は、今も毎年手入れされて大切に保存されています。[住所][TEL][FA...

更新:2008年12月10日 12:00

一位

推定樹齢700年、樹高5.5m、天徳寺の境内にあるこの木は福島県緑の文化財に登録されている町の指定天然記念物です。(町指定天然記念物)[住所][TEL][FAX...

更新:2008年12月10日 12:00